有料老人ホームを比較する|有料老人ホームを探す場合に注目するべきポイントとは

老人ホームの種類

老人ホームには、特別養護老人ホームと、有料老人ホームがあります。それぞれどのような違いがあるのか比較することによって、どの施設を利用したら良いのか把握することができます。

有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いを比較

有料老人ホーム

有料老人ホームは、民間の企業によって経営されていることがほとんどです。また、有料老人ホームには3つのタイプがあり、介護が必要な方とそうでない方に分かれて利用する施設を選ぶことができます。寝室がホテルのように個室になっているという特徴もあります。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、有料老人ホームとは違い、社会福祉法人などの法人企業が運営する施設です。この特別養護老人ホームは、入居対象者が決められており、65歳以上の方で、更に要介護のランクが1~5の方でなくては入居できない決まりがあります。重度の介護が必要な方などを優先的に入居させるので、入居待ちの方も多くいます。

有料老人ホームを比較する

手

有料老人ホームの種類

有料老人ホームには、「介護付」「住宅型」「健康型」の3つのタイプがあります。介護付は、介護や食事などのサポートをしてもらうことのできる老人ホームです。それほど介護が必要でない方でも利用することができる施設もあり、介護が必要になった場合でもそのままその施設で生活を続けることができます。

住宅型有料老人ホーム

住宅型老人ホームには、アパートのようなタイプの施設もあり、自分で身の回りのことを行える方におすすめの施設です。普段の生活は自分で行い、食事などのサービスを受けることができます。もし介護が必要になった場合は、他の外部の介護サービスを受けることになるので、その分費用がかかります。

健康型有料老人ホーム

こちらも介護サービスを行っていない施設ですが、外部からの介護サービスも受けることができません。自分のことは自分でしっかりとできる方が住む施設になっております。しかし、食事などのサービスは受けることができます。この施設を利用する場合は、先のことも考え、介護サービスのある施設も先に探しておくと良いでしょう。

広告募集中